北欧子供家具のエンジェルシェア

ケルンメッセに行けば最新のこども家具に出会える !

先週の月曜日から金曜日にかけての4日間で、ドイツ・ケルンで開催されている国際家具見本市「imm cologne」に視察に行ってきました。

 

ここ数年、欠かさず行っている視察ですが、今年はスケジュールの関係で4日間という弾丸ツアーになりました。

北極圏上空

それでも、このメッセを視察しておかないと、ヨーロッパに拠点を置く子供家具メーカーのトレンドが分らなくなってしまうので、私たちにとっては重要な出張になります。

imm cologne の会場周辺

今年は会場に到着してまず驚かされたのが、会場へ向かう来場者の多さです。例年と同じ曜日と時間帯に到着したのですが、「おっ、多い !!」 が、第一印象です。

セキュリティチェックポイント

そして、今年は予想していた通り、会場入口にセキュリティポイントが設けられ、手荷物をすべてチェックされました。PAIDIのスタッフと話すと、このチェックがあるだけで、安心して過ごせるという事も言っていました。やはり日常のヨーロッパでのテロの脅威の一端を垣間見た思いがします。

imm cologne の会場入口

会場入口へ入ると、外の寒さを忘れるような来場者の熱気で、既にムンムンしています。

デンマーク・Manis-h 社のブース

まずは、午前中にアポを取っていたデンマーク・Manis-h 社のブースへ向かいます。例年通り、ベッドを高く積み重ねたアイコンがお出迎えです。

Manis-h のベッド用テント

新しくお披露目されたテントやデスクなどの商品説明を受けたり、この一年間での日本市場での動向や、製品に対する要望などの意見交換に、一時間ほど費やします。

ドイツ・PAIDIのFionnシリーズ

そして次に向かったのが、ドイツPAIDI社のブースです。新製品の説明を簡単に受けた後、昼食を交えながら、商談が続きます。

PAIDI 社のFionn シリーズ2

この白をベースに、木目をとりいれたのが、今年発表の「Fionn」シリーズです。

PAIDI 社のFionn シリーズ3

テントも新たなデザインが加わっていました。

PAIDI 社のFiona シリーズ

こちらは「Fiona」シリーズです。今年の傾向としては新たなシリーズデザインというよりは、こども部屋全体をコーデできるよう、ワードローブなどのアイテムが充実したように思えます。

PAIDI 社のYlvie シリーズ

おなじみのFLEXIMOとコーデできる「Ylvie」シリーズも、アイテムが充実してきました。

PAIDI 社のYlvie シリーズ2

デスクシリーズについては、新たな新製品の追加発表はありませんでした。

PAIDI 社のJaro デスク

会場は世界中から集まるバイヤーたちでいっぱいです。日本からも大手家具チェーンのバイヤーが訪ねてきたようですが、窓口としての私どもを紹介してくれたようです。

PAIDI 社のデスクブース

そして、夜はお決まりの歓迎パーティーが開かれ、午後9時頃まで滞在して、ホテルへ引き上げました。

 

新しい製品などは今後絞り込みを行い、春から夏にかけて、日本でもお披露目していきたいと考えています。ご期待下さい。

 

訪欧ドイツ・ケルンメッセ | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0)
ブログ

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archives